fc2ブログ
2009.12.02 台湾旅行 その1
この記事は私が2009年11/14~11/16に台湾旅行へ行った時のお話です

先日行ってきた台湾旅行のお話です
ブログの記事にする必要もないのですが、私の日記帳代わりに使用します(。-∀-)ニヒ♪

最初に書いておきますが、私は海外は超苦手です
一番の理由は日本語が通じないということですが、
知らない場所は極力行きたくない(日本でも)という性格も災いしています


11/14
朝7:30半頃家を出て、14:30頃無事に台湾に入国しました
パック旅行ではないので空港からホテルまでは自分達(夫婦)で行かないといけません

さぁ、タクシーと交渉するか・・・

すると、現地の人が現れ、日本語で「タクシー?」

「そうそう」

現地人「台北?」

「そうそう」

現地人「OK」

そういって、私たちのスーツケースを別の場所へ持って行こうとしました

「ちょ、ちょ、ちょっと!!」

「いくら??」
( えぇ!? ナニ交渉しようとしてんの!? )

現地人「1200ネ」

「OK!」

「ぇ!? OKって!? えぇ~!? 大丈夫??」

現地人「ダイジョウブ!ダイジョウブ!」

目の前に普通のタクシー並んでいるのに、空港の端っこの方に連れて行かれました
(ちなみに台湾のタクシーは黄色に統一されているようです)

その現地人が手を上げると、ブーーンッとやってきたのは黒いベンツ

「えぇーーーー!!ベンツやんか!! これ絶対タクシーじゃないって!!」

現地人「ダイジョウブ!ダイジョウブ!!」

「大丈夫ってまだホテルの名前も言ってないのに大丈夫じゃないだろぉ!?」

現地人「ダイジョウブ!ダイジョウブ!!」

嫁はベンツの運転手にホテルの場所の地図を見せていました

運転手「OK!」

「えぇーーー!?」

私がオロオロしてる間にスーツケースはベンツのトランクに入れられ、もう引けない状況に・・・
私は「絶対チガウ・・・絶対ヤバイ・・・」とブツブツ言いながらベンツに乗り込みました

普通ならタクシーの中で「あそこ行ってアレしてぇ~コレ買ってぇ~」と楽しくなるのでしょうが、
私はイッパイイッパイw
(高額請求されたらどうしよう?1200って言ってたけど、1200アメリカドルだったらどうしよう?)
(高額請求ならまだしも、私達だけホテルに置いていかれて、荷物を持って行かれたらどうしよう??)
(イヤイヤ、ホテルにも連れて行かれず、このまま知らない場所へ・・・そして・・・誘拐とか・・・)
(いざとなったらポケットの携帯をバイブにして警察に発信・・・っていうか、台湾の警察って何番だ!?)

なんてことを考えていました

私(小声)「ホンマに大丈夫なんかよ?コレ絶対タクシーじゃないって・・・タクシーメーター付いてないし・・・」
嫁(小声)「ゴメンゴメン・・・でも、大丈夫ちゃうかな?」

アンタのその自信はどっから来てるんだよ・・・(;´Д`)
(海外経験は二人ともそんなに変わりません)
親から海外は恐いところって教わらなかった??

小一時間ほど知らない場所を走ってあるホテルの前へ・・・

「おぉ!!ちゃんと着いた!!」

ベンツから降りて運転手がトランクからスーツケースを取り出したのを確認して、
運転手に1200台湾元支払いました
私(ドキドキドキドキ)
運転手「サンキュー バイバーイ」

私 ε-(´▽`) ホッ

「ほら、大丈夫やったやん!」

「無事に着いたから良かったものの、目の前に普通のタクシーがあるんやから、
                    あんな訳のワカランもんと2度と交渉しないでくれ・・・」


台湾に着くなり どっと疲れました  (;-_-)=3 フゥ…
大袈裟かもしれないですけど、
言葉わからない&知らない場所というのがとても怖かったんです・・・


台湾と日本を行き来している人に後から聞いた話
昔はもぐりのタクシーも多かったそうですが、数年前にタクシーは黄色で統一し、
統一すると同時に規制を厳しくすることによって違法タクシーは激減しているらしいです
ちゃんとしたタクシーは日本のタクシー同様運転席の後ろに許可証が貼ってあるみたいです
危険な場合もあるので普通のタクシー以外は乗らないようにと言われました(;^□^)

台湾旅行記事リンク その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10
              その11 その12 その13 その14 その15
スポンサーサイト