FC2ブログ
2008.02.03 国際中医師 その3
前回、前々回に続き国際中医師試験のお話です
国際中医師に興味がある方は「国際中医師 その1」からお読み下さい

では、いきます

弁証論治、中医臨床学科はみんなが苦労していましたね
なにせ合格点が8割ですから・・・
内容も難しいものでしたから足切りラインの192点ですら・・・ ウ・・・ウン((・ェ・;`)

中医臨床学科はいわゆる応用問題です 1問3点×100問 300点満点

国際中医師試験は中国語でかかれている教科書から出題されます
基礎理論や、方剤学等は日本語に翻訳されているものが多数ありますが、
中医臨床学科に関しては中国語の教科書(中医内科学)しか存在しませんでした
(現在はちゃんと日本語化されて出版されています)
内容を読もうと思っても漢字が略字化されていますし、
普段見慣れない単語も出てきますので思うように理解できません
まずは教科書を読めるようになる というのが最初の課題でした

曖昧に読んでいて1年目は落ちてしまいました ( ; _ q ) シクシク
186点・・・足切りラインの196点には6点足りませんでした
1問3点の教科なので、
あとたった2問・・・il||li _| ̄|○ il||li
2年目の試験では228点♪
合格点に達してはいないものの無事に合格♪(。-∀-)ニヒ♪


この試験は覚えることがたくさんあり、合格点も8割なので難易度は高いです
試験の内容は基礎・方剤を踏まえた上での臨床になります
症状に対しての病名、方剤、病名に対しての治則(治す方法)、方剤に始まり
婦人科や小児科、外科も総括されて出題されます
より実践に近い教科なのでしっかりと勉強しておかないといけません


次は最後の弁証論治 1問200点×2問 400点満点

弁証論治とは弁証と論治にわかれます
弁証とは患者さんの情報収集し分析すること
論治とは弁証に基づいた治療方針をたてること

試験の内容は実際に患者さんを診ているような感じになります
患者さんの性別、年齢、職業と症状が与えられ
それらの情報から病名、病名に対する治療方針、処方名、処方内容、処方配合
そして今後の患者さんの生活に対するアドバイスを書かないといけません

これまでの試験は選択問題ですが、弁証論治は筆記問題になります
病名が間違いであればもちろん減点ですが、
病名に対する治療方針、治療方針に対する処方名が間違えていても減点になります
処方一つ一つの生薬、配合具合まで覚えないといけないので大変です
一番実践に近い教科です(っていうかほぼ実践)
合格点も8割なので難易度は高いです


以上が国際中医師試験の内容です

ちなみに↓が私の恥晒しの成績表です(クリックすると大きく表示されます)

国際中医師試験成績表


左が1度目 右が2度目の結果です
1度目は777点で740点の合格点に達してはいてるのですが中医臨床の足切りで落ちました
憎らしい『B』の判子が押してありますw
2度目は合計819点です 740点が合格ラインなので中々の結果だと自分では思っています。

もう二度と受けたくはない試験です(-.-;)ボソッ…


本店HPは下記をクリック
↓↓↓↓↓↓          少しでも参考になれば拍手ボタンを押して下さい
漢方の大元気堂         私にブログを続けるためのエネルギーを・・・
                     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト



Secret