fc2ブログ
2008.03.18 サンゴイソギンチャク
昨年11月から飼い始めたサンゴイソギンチャクが死んでしまいました
調子が良かったものの分裂してから徐々に弱り始めて
分裂した子供?が先週に死に、親?の方も先日死んでしまいました
分裂した後の体力回復がうまく出来なかったように感じます

小型水槽(35センチ)でたいしたろ過装置もなかったのと、
私の経験不足が死なせてしまった原因でしょう
可哀相な事をしてしまいました(´・ω・`)

弱り始めた頃に人工海水から天然海水に切り替えて、
一時は持ち直したかのように見えたのですが、
弱り始めた固体を元の元気な状態にするには難しいようです

こんなことなら最初から天然の海水にしておけばよかったと後悔中です (´-ω-`)

人工海水天然海水はそんなに差なんてないだろうと思っていたのが間違いでした
実際に変えてみると、イソギンチャクの状態はすごく良くなり(一時的なものでしたが)
掃除しても2日で生えてきていた苔もすごく生えにくくなりました
岩(ライブロック)も常に綺麗な状態です

まぁ苔に関しては小型水槽なのに150Wメタハラなんて使って
超強光な状態になんかしているからすぐに苔てくるのですが・・・



小型水槽でイソギンチャクを飼おうと思っている方、
イソギンチャクの状態が思わしくない方は天然の海水を使ってみては?
ただ大型水槽での天然海水はお勧めいたしません
汲みにいける方はまだいいですが、取り寄せた場合金額が・・・(;・Д・)
その分設備にお金かける方が良いかもしれません

小型水槽の場合ろくなろ過装置しか使えませんので、特に天然海水をお勧めします
(うちの場合は60cm水槽用の外掛けろ過に底面ろ過を直結してあります)
私も同じように小型水槽でイソギンチャクを天然海水で飼育しているお客様から教えていただきました

とにかくこの経験を生かせば次にイソギンチャクを飼う時は上手くいけるような気がします
まぁ、もうイソギンチャクを飼うつもりはないですが・・・(;^□^)



さて、買いだめしておいた大量の人工海水の素はどうしたもんか・・・( ̄~ ̄;)ウーン
スポンサーサイト



Secret